メンターナビ
  • メンタージャム
  • 社外人事部長研究会
  • 医業経営サポーターズ
  • 相続支援隊
  • メンターエージェント司法書士就職・転職支援サービス

HOME » メンターナビ » 書籍紹介 » 2013年書籍紹介


【書籍紹介】
『お役所しごと入門』
著者 : 山田 咲道 氏


『お役所しごと入門』

 メンター会員の山田咲道氏による著書『お役所しごと入門』が、日本経済新聞出版社より好評発売中です。

 「『お役所しごと』は、ムダ遣いの代名詞ですが、組織の破綻を招く原因となるだけでなく、社員(職員)の個性を埋没させ、悪い「徳性」を引き出し、残念な人へ変えてしまいます。また、お役所しごとは、大企業病でもあります。これは、役所や会社だけでなく大小問わず、すべての組織がかかる病気だと思います。厳しい時代をこれから生き残っていくためには、お役所しごとを卒業し、日本人が本来持っている清い心の徳性を生かし、組織のなかで、社員一人ひとりが個性をいかんなく発揮しなくてはならない、というのが本書における私の提案です。」(「あとがき」より)

 非効率、顧客軽視、ムダ遣いの仕事は、なぜ発生していまうのか、どうすれば直せるのか。多くの現場を見てきた山田咲道氏が皮肉を交えて楽しく解説しています。ぜひ書店にてお買い求めください。


  『お役所しごと入門』
  著者 :山田 咲道
  発行 :日本経済新聞出版社
  定価 :本体850円+税
  『お役所しごと入門』をアマゾンで購入

※本書についてのお問い合わせは、日本経済新聞出版社までお願いします。

【著者紹介】 山田 咲道 氏   ホームページ
公認会計士・税理士。昭和39年山梨県生まれ。昭和61年筑波大学卒業。翌年公認会計士試験合格後、監査法人トーマツ勤務。平成5年エース会計事務所開設。趣味は、草野球・ディズニーランド・温泉。著書に「足し算と引き算だけでわかる会計入門」「バカ社長論」「ダメ上司論」がある。